荒物のこと

新潟県

しちなりかご

しちなりかごしちなりかごしちなりかごしちなりかごしちなりかごしちなりかご

新潟県佐渡島。地元でとれる竹を材に作られた、しちなりかご。
その名前の由来は、七通り使えるという意味からきている。
農作業では収穫物を、海では海藻や魚などを入れる仕事の道具として、
ふちの部分の縫い目のあいだにひもを通し、腰下げかごとして使っていた。
丁寧な手仕事から生まれる素朴な日用品。

MATSUNOYA ALL RIGHTS RESERVED