荒物のこと

東京都

松野屋の傘

松野屋の傘松野屋の傘

シンプルで、上等すぎず、修理ができて長く使える、
道具として愛着のわく傘に出会いました。
東京の下町の小さな工房で熟練の職人によって作られています。
現在国内で流通する傘の約90%が海外製。
東京の傘職人も少なくなっています。
張り生地はコットンや麻。
持ち手は寒竹やマラッカ籐といった自然素材を使用しています。

MATSUNOYA ALL RIGHTS RESERVED